吉田 鋼市の

​第1回 京都市京セラ美術館

 1933年に建てられた京都市立美術館が、2020年5月末にリニュ-アルオープンして京都市京セラ美術館となった。当初の建物の設計は、コンペ一等の前田健二郎案をもとに京都市の営繕課が実施、清水組が施工している。コンペ応募規則に「四周の環境に応じ日本趣味を基調とすること」とあったが、すぐ西向かいには1909年竣工のまったく洋風の府立図書館(設計は武田五一)がすでに建っていたから、この近辺がとりわけ伝統的な景観を保っていたわけではない。平安神宮(設計は伊東忠太、1895年)はかなり北にあるから大きな鳥居以外は直接見えない。この「日本趣味」の要求は、これが昭和天皇即位を記念する大礼記念京都美術館として建てられたことによる。同じころ、北西の少し離れたところに構造・材料以外は純粋に和風の京都公会堂東館(1928年、市の営繕課の設計)が建てられており、これもまた2000年に京都市美術館別館となっているが、つまりはこれらがまさに時代の産物だったということである。

 この京都市立美術館の老朽化に伴い、開館80周年記念も兼ねて、2015年にリニューアルのプロポーザルが実施され、著名な設計事務所20者が応募。一次審査で6者に絞られ、最終的に青木淳・西澤徹夫設計共同体の案が選ばれ、同設計企業体の基本設計および監修、昭和設計の実施設計、松村組の施工でできあがったのが現美術館である。募集要項には、本館は将来の文化財指定が予定される旨の記述があり、その保存は絶対の条件であった。さらに「新棟整備に当たっては本館との調和を十分図ったうえで,伝統と革新が融合した新しい魅力的なデザインも検討する」とあるから、新築の部分にも本館との調和が求められる制約の多いプロポーザルであった。成熟した都市においては、新たな企画は常に既存の建物との関わりが問われざるをえない。なお、リニューアルに伴って名前が変わったが、これは命名権売却によるもので、得られたお金でリニューアルの費用の半分近くが賄われたという。京セラのみならず、賛助金を寄せた多くの企業の名が館内に掲示されている。京都会館は「ロームシアター京都」となったが、こちらのほうは頭に「京都市」と冠しているだけに少しましか。

 さて、リニューアルなったこの美術館。正面を掘り下げて地下から入るアプローチにしたこと(設計者の言によれば、このほうが正面外観のプロポーションがよくなるとか。あるいはそうかもしれない)以外は、たしかによく保存されている。案内板やコンクリート造石張りのいくつかの門柱も残されている。玄関近くにある欅と覚しき樹木も残されており、その残した樹木が掘り下げた地面に丸く突き出しているので、その円弧に呼応するかのように弧を描くガラス壁で地下部分の建物を覆っている。このガラス壁は「ガラスリボン」と名付けられているが、その一方の先端は鋭角の三角形で終わり、その部分は鋭く地上に現れ出る。「ガラスリボン」は本館をやわらかなクッションで包み込んだともいえるし、新しい皮膚と内臓を加えたともいえる。北側の中庭にはガラス屋根がかけられたが、大英博物館のグレート・コートよりもずっとシンプル。大きく改造されたのが、北西隅にあった収蔵庫棟(1971年の竣工で、半地下式だった。設計は川崎清)で、新しい外壁の色調は本館のものに合わせられている。主要な展示はむしろこちらへシフトすることが考えられているのかもしれない。

1-1.jpg

正面(西側)外観  

手前に二つあるのが門柱

3-1.jpg

北側外観 

右が本館、左が「東山キューブ」と名づけられた旧収蔵庫棟。

5-1.jpg
7-1.jpg

東側外観 

手前が「東山キューブ」で奥が本館

北側中庭 

ガラス屋根がかけられ、「光の広間」と名づけられている。

9-1.jpg

「ガラスリボン」北端  

鋭い三角形で地上に現れる。

2-1.jpg

正面(西側)外観  

左にあるのが欅。車寄せの手前の2本の柱がふかされて鈍く太くなっている。なにか事情があるのであろう。

4-1.jpg

「東山キューブ」   

表面に金色の短冊状金属片がランダムに張ってある。

6-1.jpg

庭園 

東側にある日本庭園。池の中央に見えるのは杉本博司の「硝子の茶室」。今回の「杉本博司 瑠璃の浄土」展に合わせてつくられた。

8-1.jpg

「ガラスリボン」内部  

左側が掘り下げられた外部

10-1.jpg

案内板 

同じものが南北に二つあるが、南側のもの。