香山 壽夫著 『​人はなぜ建てるのか』

IMG_20200620_0008.jpg

判 型: 四六判     

頁    : 224

定 価: 本体1900円+税

発 行: 2007.01      

ISBN: 978ー4-86073-034-5

建築とは今ここにいる私と誰かを共にひとつに包むこと。「建築家の情熱と使命とは何か」を思い描き、「かたちが生まれる根源」を凝視し続けるその姿勢には、建築こそ、社会のなかで人と人を結び付ける重要な枠組みなのだという強い確信と深い喜びがある。

1937年東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。ペンシルバニア大学美術学部大学院修士課程修了。東京大学名誉教授。工学博士。香山壽夫建築研究所代表。主な作品。「九州芸術工科大学」「彩の国さいたま芸術劇場」「野々市市庁舎」「東京大学伊藤国際学術研究センター」「神奈川芸術劇場」「函館トラピスチヌ修道院 旅人の聖堂」「久留米シティプラザ」「ロームシアター京都」(改修設計)

​こうやま ひさお
​香山 壽夫
著者略歴