香山 壽夫著 『​人を動かす設計術』

IMG_20200620_0009.jpg

判 型: 四六判     

頁    : 224

定 価: 本体1850円+税

発 行: 2019.09      

ISBN: 978ー4-86073-070-3

限界国家日本、建築で何ができるか。人を動かし、人と人をつなぎ、時と時を結びつける建築とは、原理・原則の上に立つ誠実な姿勢と、地道で忍耐強い修練の上に、はじめて生じる。地方の衰退が言われて久しい。人々の関心を引出し、歴史に裏打ちされた地方の力を掘り起こすにはどうしたらいいのか。

1937年東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。ペンシルバニア大学美術学部大学院修士課程修了。東京大学名誉教授。工学博士。香山壽夫建築研究所代表。主な作品。「九州芸術工科大学」「彩の国さいたま芸術劇場」「野々市市庁舎」「東京大学伊藤国際学術研究センター」「神奈川芸術劇場」「函館トラピスチヌ修道院 旅人の聖堂」「久留米シティプラザ」「ロームシアター京都」(改修設計)

​こうやま ひさお
​香山 壽夫
著者略歴