内藤 廣著 『​建築のちから』

IMG_20200619_0010.jpg

判 型: 四六判     

頁    : 240

定 価: 本体1900円+税

発 行: 2009.07        

ISBN: 978ー4-86073-044-4

建築家として、土木(社会基盤)の教授として、「島根県芸術文化センター」から「日向市駅」「高知駅」まで、ふたつのジャンルにまたがる息の長い仕事をしてきた内藤廣が、「建築家は勇気を持って建築のちからを見出し、価値を問い直し、無数の人びとの望むところに目を向けるときではないか」と投げかける。

著者略歴

1950年横浜生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。同大学院にて吉阪隆正に師事。フェルナンド・イゲーラス、菊竹清訓各建築設計事務所勤務を経て、1981年内藤廣建築設計事務所設立。2003年東京大学大学院社会基盤学専攻教授。現在同大学名誉教授。主な作品。「海の博物館」「安曇野ちひろ美術館」「島根県芸術文化センター」「旭川駅」「富山県美術館」「福井県年縞博物館」「とらや赤坂店」「高田松原津波復興祈念公園 国営追悼・祈念施設」

ないとう ひろし
内藤 廣