磯崎 新著 『建築家のおくりもの』

13.jpg

判 型: 四六判     

頁    : 224

定 価: 本体1800円+税

発 行: 2000.11  

ISBN: 978ー4-900456-80-2

世界各地の建築設計の場で出会い、火花を散らした人たち、濃密な時間を刻印し、惜しまれながら逝った人たち、そんな記憶の残像を創作の糧としながら、イソザキアラタは今日も地球を歩きまわる。中村外二、倉俣史朗、宮内康、武満徹、岡本太郎、辻邦生、スターリング、ルイス・カーン、イサム・ノグチ、ルイジ・ノーノ、バックミンスター・フラー‥‥磯崎新がこころをこめておくる人間讃歌の結晶。

1931年大分市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。丹下健三に師事し、博士課程修了。1963年磯崎新アトリエ設立。以来、国際的建築家として活躍。主な作品。群馬県立近代美術館、ロサンジェルス現代美術館、チーム・ディズニービルディング、深圳文化センター、カタール国立コンベンションセンター、上海交響楽団コンサートホール。近年は、中国鄭州市の都市計画を手がける。

​ いそざき あらた
​ 磯崎 新
著者略歴