吉田 鋼市著 『​日本のアール・デコの建築家』

​            野村仁から村野藤吾まで

2.jpg

判 型: 四六判     

頁    : 192

定 価: 本体1800円+税

発 行: 2016.01   

ISBN: 978ー4-86073-061-1

大正・昭和の戦前期に開花し、今日でも輝きを失わない日本のアール・デコの建築。本書では渡辺仁、武田五一、ヴォーリズ、遠藤新、村野藤吾など13人の建築家の歩んだ道をたどりながら、鉄筋コンクリートの技術を生かしたシンプルで幾何学的な造形と、地域や風土に深く根ざした現存する建物を、建築家ごとに紹介する。

1947年兵庫県姫路市生まれ。横浜国立大学工学部建築学科卒業。京都大学大学院建築学専攻博士課程単位取得。1973~75年、エコール・デ・ボザールU.P.6および古建築歴史・保存高等研究センター在学。横浜国立大学大学院教授を経て、現在同大学名誉教授。工学博士。専門は西洋建築史・近代建築史。2015年、神奈川文化賞(学術)受賞。

​ よ し だ  こういち
​ 吉田 鋼市
著者略歴