吉田 鋼市著 『​日本の初期モダニズム建築家』

4.jpg

判 型: 四六判     

頁    : 192

定 価: 本体1800円+税

発 行: 2018.03    

ISBN: 978ー4-86073-067.3

モダニズムが世界を変えた。大正・昭和戦前期に活躍した建築家たちは、時代と格闘しつつも、時に時代に寄り添い、思い悩み、決断して今日に残る仕事をした。本野精吾、アントニン・レーモンド、山田守、吉田鉄郎、坂倉準三、山口文象、谷口吉郎、前川國男など13人の建築家の、現存するモダニズム建築への発見的記述の旅。

1947年兵庫県姫路市生まれ。横浜国立大学工学部建築学科卒業。京都大学大学院建築学専攻博士課程単位取得。1973~75年、エコール・デ・ボザールU.P.6および古建築歴史・保存高等研究センター在学。横浜国立大学大学院教授を経て、現在同大学名誉教授。工学博士。専門は西洋建築史・近代建築史。2015年、神奈川文化賞(学術)受賞。

​ よ し だ  こういち
​ 吉田 鋼市
著者略歴