​新刊のご案内

 2022年1月刊

 2021年11月刊

景観デザインの誕生.jpg

篠原 修著

土木工学の分野から景観デザインの方法論がなぜ生まれたのか。

​学問と人間の創造的な場を描く書下ろしドキュメント

​ 定価:本体1900円+税

​オールカラー

書籍.jpg

吉田 鋼市著

建築は使われ続けることに意味がある。時間に敬意を払って保存活用された建物の最新の現場から。

​ 定価:本体2000円+税

建築の原点を問い続ける

​建築書出版| 王国社の
​  ロングセラー
IMG_20200619_0005.jpg

『構造デザイン講義』

IMG_20200619_0007 (2).jpg
IMG_20200619_0012.jpg

『環境デザイン講義』

『形態デザイン講義』

​9刷
​7刷
2022年2月5刷出来

重版のご案内

​重版のご案内

2022年3月

      6刷出来!      
西沢 立衛著
​『建築について話してみよう』
IMG_20200620_0004.jpg

2022年1月

      9刷     
青木 淳著
​『原っぱと遊園地』
IMG_20200620_0012.jpg

2021年3月

      3刷    
青木 淳著
​『原っぱと遊園地2』
IMG_20200620_0003.jpg

​掲載

​1 空間 2 幾何形 3 擬生命体 4 伝統 5 機能 6 無限定空間 7 革新

​8 モダニズム 9 古典主義 10 有機的建築 11 折衷主義 12 前衛 13 機能主義

​本連載は「現代建築保存活用見て歩き」と題して2021年11月に小社より刊行。

Line  up

IMG_20200619_0005.jpg

​内藤 廣

​構造デザイン講義

IMG_20200619_0007 (2).jpg

​内藤 廣

環境デザイン講義

IMG_20200619_0012.jpg

​内藤 廣

形態デザイン講義